消波ブロックマニア・沿岸防衛体研究所

消波ブロックの楽しさをあなたに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

△ 伊勢湾水理環境実験センター 平成21年一般公開

伊勢水環

平成21年一般公開

◆調査日
2009.07.24
国土交通省中部地方整備局名古屋港湾空港技術調査事務所

という機関の実験施設。

伊勢湾・三河湾の埋め立てなどによる潮流の変化が及ぼす水質の変化や環境への影響、水質汚染の対策等を研究調査している。

●仙台・横浜・新潟・神戸・広島・高松・下関にも各地方整備局の調査事務所がある。


伊勢水環

受付で案内図とアンケートを受け取り、館内へはいると広大な空間が拡がっていた。
この業務的な薄暗さがワクワクせずには居られない。

伊勢水環


■岸壁模型展示■
船を安全に着岸させる為の工夫が凝らされている。

伊勢水環


港湾構築物はサビとの闘いだ。

伊勢水環


■防波堤模型展示■
コンクリートの塊にしか見えない防波堤、実はこんな構造になっている。

伊勢水環

伊勢水環


水理実験用模型で実在する防波堤を再現展示。
テトラポッドの模型はモルタル製。

伊勢水環


スリットケーソンに胸がときめく。

伊勢水環


消波ブロック内蔵双胴型ケーソン模型

伊勢水環

ケーソンの空間に消波ブロックを入れ、ブロック本来の消波効果とケーソン内部の空間で波を打ち消す構造。ダイナミックだ。

伊勢水環


■消波ブロック効果実験■
水槽の右方向から波を起こし、消波ブロックの効果を視覚的に確かめる。

伊勢水環

下のコンテナに詰められたテトラが眩しい。

伊勢水環


水面下のテトラポッド。実際には海藻が着生してこんなにキレイには見えないが、一度は見てみたい構図だ。

伊勢水環


この扉の向こうは…

伊勢水環


防波堤効果実験水槽。

伊勢水環


スリットケーソン堤の消波効果の実験。
激しい越波だが(笑 かなり抑えられていた。

伊勢水環


実験センターの中心となる実験水槽。
伊勢湾と三河湾を面積は1/2000、海底の隆起高さは1/159で再現し、湾内の海流が及ぼす影響を実験する。
名古屋城が収まる広さだそうだ。

伊勢水環


昭和49年建造の実験水槽だが、実状に合わせて埋め立てや突堤の増設も行われている。
もちろんセントレアも設置済み。
後に見学に来ていた小学生の格好の遊び場となってしまう。

伊勢水環


鳥羽方向を見る。左に見える青灰色のパイプが水槽に干満を起こす機械。
起動時の音が「ひゅ~ん…」とかっこよかった。

伊勢水環


三河湾を太平洋方向へ動き出すピンポン球。
これが小学生によってセントレアの連絡橋で転がされてしまう。

伊勢水環


伊勢湾自動車道揖斐川橋

伊勢水環


■水質試験体験■
実験センター近くの海水・水道水に石鹸を混ぜた水・伊勢湾沖の海水の汚れ具合を見る。

伊勢水環


■鳴き砂体験■
キレイな砂は踏みしめると鳴る。
右の人工砂は砂とは思えない、悲鳴に近い音を出していた。

伊勢水環


■干潟の生物プール■
二枚貝、ハゼ、カニ。貝はこの時既に水管と脚を伸ばしてぐったり(笑 ハゼは元気が良く、カニは貝を捕食していた。自然だ。

伊勢水環



■アサリの浄化実験■
水には醤油が入れられている。時間が経つとアサリに醤油が蓄積される…

伊勢水環


■浮遊ゴミ回収パネル■
消波ブロックを撮影していて必ず目に入ってしまうが。
なんとかならないものか…

伊勢水環


チャイルドシート、テレビ受像機…

伊勢水環


■油回収船清龍丸模型■

伊勢水環


船体のガイドレールを使って回収機が降りてくる。すげえ!

伊勢水環


ここまでの展示でもかなり心躍る物があったが、もっと楽しい展示がこれ。
本日のメイン、消波ブロック模型展示!

伊勢水環


ハンディサイズの消波ブロック達がいじり放題だ!
一応タイプ別においてあったらしいが…入り乱れている。

伊勢水環

平型はビーチロック、ロウタスユニ、ビーハイブ、セッカブロック、ストーンブロック…
階段型はアゴスW、テラスC、コースト、スカラブロックが確認出来る。
滅多に見られない階段ブロックの裏側形状もバッチリだ。


不動テトラの最新型、ペルメックスの模型を発見!
早く実物を見たい。

伊勢水環


当然ながら不動テトラのマークが入っていた。
ペルメックスの裏側は4脚であることが判る。

伊勢水環


スタビック、3連ブロック、コーケンブロックに紛れるように1つだけ、現在は地域限定販売になってしまった4連ブロックの姿。

伊勢水環


ペル、4連に続き未確認ブロックの応酬。ラクナ・IVが!

伊勢水環


アクロポッドの姿も。伊勢湾進出か!?

伊勢水環


自分の手でブロックを積み上げてみる。


伊勢水環

ワーロックはモルタル製、ダイヤーはプラ製だった。
プラ製模型はメーカーからの宣伝用で、モルタルの実験用模型は実験設備に合わせた縮尺(大きさはもちろん、重量までスケールダウンする)でメーカーに発注するとの事。

硬質ゴム製で模型ながら重量感があったのは不動テトラ、技研興業、日本コーケン等。
プラ製で軽いのはソグレア(東北ポール)、日建工学等。

ちなみに、ダイヤーの組み方は半個分ずらして積み、名の通り「◇」にするのが正解。

大失敗。


ペルメックスもこのように積み上げる事が出来る。

伊勢水環


群を抜いて積み甲斐があったのは六脚ブロックA型。
これは普通にブロック遊びとして面白い! 立方体で構成された六脚にしか成せない技だ。
角が多いので握るとツボを押されてるようで気持ちよい。

伊勢水環


テトラはイベントで子供向けに模型を配布する事があるのでパステルカラーの色遣い。
黄色、青は日本テトラポッド時代の物。センター開設時からの物だろう。
モルタル製シーロックB型の握り心地が良かった。

伊勢水環



六脚の実験用模型比較。
右は立方体7つを接着した物。風化具合が恐ろしい程リアル。
左は面取りがあるスケールモデル。

伊勢水環


離れた場所に隠れて合掌ブロックがいた。

伊勢水環


津波実験が15時30分から行われる予定だったが、帰りの電車の時間なので見る事が出来なかった。
しかし多数のブロック模型を手にとっていじれたので片道7時間掛けてきた価値はあった。

毎年行われているので気になる方は是非!

伊勢水環

伊勢湾水理環境実験センター

黒み

累計
あなたは
個目のブロックです。
岸防研から
沿岸防衛体研究所では当サイトを構成する文章・画像などのバイラルメディア・キュレーションサイト・まとめサイトなど当サイト以外での表示・使用を認めておりません。
Welcome to CDOI. This website is interested in the armorunit blocks of breakwater. Shape and the situation are taken in the photograph and researched.
形式別・レポート分類
ブロック設置状況レポート
青マーカークリックで現れる画像下のURLクリックで個別ページに飛びます。 黄色マーカーは準備中です。

より大きな地図で 岸防研レポートインデックス を表示
最新記事
メイル
返信はGmailのアドレスからとなります。

お名前:
メイルアドレス:
件名:
本文:

旧アドレスで2011年9月頃から2013年6月までメール受信できない状態になっていたと思われます。御連絡頂いた方に深くお詫び申し上げます。 何かの折に再度ご連絡頂ければ幸いです。
プロフィール

岸防研

Author:岸防研
□本拠地:東京

1974年 電人ザボーガーで転がるテトラポッドに衝撃。生涯で初めて意識した消波ブロックは特撮だった。

1993年 北海道旅行巨大な消波ブロックに胸騒ぎ。ビデオや銀塩写真で撮ってみる。

1999年12月 インターネット導入。消波ブロックの情報収集開始、初めての検索は「テトラポッド」

2004年8月 コンデジで関東近辺のブロックを撮り始めるが、ブロックをどう撮っていいものかわからない。

2006年8月 消波ブロックマニアサイト開設にむけてデジタル一眼で撮影開始、調査を日本全国に拡大。

2009年4月 沿岸防衛体研究所開設

2015年9月 静岡朝日テレビ「ピエール瀧のしょんないTV・消波ブロック散策ツアー」案内役



技研興業株式会社様ウェブサイトにて、六脚ブロックA型の画像を採用頂きました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。