消波ブロックマニア・沿岸防衛体研究所

消波ブロックの楽しさをあなたに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

○ 異形ブロックが欲しい。

自家用

異形ブロックの形には側に置いておきたいと思わせる魔力がある。
これが自分の家に鎮座していたら…
そんな同じ思いを持っている人は多いのではないか。
そこで部屋に置けるサイズの市販品「異形ブロック」をまとめてみた。

◆2010年6月現在の新商品

テトラポッドキーホルダー・ミニチュア登場。



海水浴・プール用品

2010年「テトラ」形状専門の商品を扱う通販サイトより発売された。
蹴飛ばしたり、投げたり本物では出来ない遊びが出来る。
何よりも水に浮くので意識が異次元に飛びそうな一品。

●ビーチボールテトラ
市販のビーチボール程の大きさ。色はライトグレーで脚はスレンダーな感じ。

●リアルテトラ1t型
名の通り、テトラポッド1t型を塩ビで再現したビーチフロート。やはり脚が細めだが雰囲気は十分。
全高1130mmは市販されている「テトラ」商品では最大であろう。



以下、過去に流通した異形ブロック商品。


水槽置物
自家用テトラとしては歴史が古い。

●テトラ風 1個型/3連型・六脚ブロック風
陶製で表面が釉薬で滑らかで少し青みがかったねずみ色。
テトラは単体の他、3つが並んで合体した物があった。六脚は脚が若干長く立方体ではなかった。
ホームセンターや金魚を扱う商店で扱っていたが現在は目にしなくなった。

●シェークブロック風
素焼きタイプで色も茶色。ネットの通販で売られている。

●クリアデコ
テトラ風の透明な中空のプラ製。


ストラクチャ
Nゲージ鉄道模型の情景部品。

●テトラポッドと六脚ブロック/グリーンマックス 発売中
プラモデルのようにランナーから切り出す。
テトラは吊り金具が再現されているが、金型抜きの影響で3本の脚の端部が垂直に下り、六脚(A型)は全体的にわずかなテーパーが付いている。

模型


テトラポッドは全高11mmで実物の3.2t型、六脚ブロックは9.5mmでA0.50型=2t型にそれぞれ相当する。


●情景コレクション039 海辺の情景セット/トミーテック 2009年 発売中
自家用

グリーンマックス製よりも若干大きめな彩色済みモデル。プロトタイプはホールブロック/テトラポッド/スタビックとなかなか通好みな選択。
ブロックの他には防波堤上部工と右舷灯標がセットされていて、手軽に港の一角が再現出来る。
ただし、各ブロックが5個しか入っておらず理に適った情景を作るには物足りないが、後にブロックだけの販売がされた。


●情景コレクションシリーズ 情景小物 消波ブロックA.B.C 2010年 発売中

ジオコレクション

海辺の情景セットからブロックだけの発売。A.Bは25個入り、Cは30個入り。



消波ブロックA(ホールブロックタイプ)アウトラインが直線的な為か積みやすく楽しく積層出来る。端部の六角形も再現されている。
全高16mm、実物の10t型に相当。
自家用

消波ブロックB(テトラポッドタイプ)脚が寸胴気味で端部の面取りがない。海外のテトラポッドぽいのが残念。
全高13.5mm、実物の6.3t型に相当。
自家用

消波ブロックC(スタビックタイプ)台形脚や変形五角形まで再現されているのは驚異的といえよう。台形の向きが実物とは異なっている。
一辺12mmで4t型に相当。
自家用



●お助けパーツシリーズ 消波ブロック大・小/(株)アイコム 鉄道模型情景用品 2010年

自家用ブロック


1/144ジオラマ用の様々なピューター合金鋳造の情景小物シリーズ。

MA-106 小
三基ブロックC型、六脚ブロックK型、三柱ブロック1型、そして特記すべき六脚ブロック変形型という似て非なる形式をマニアックにしっかり作り分けている。

模型 模型


模型 模型

三柱の脚長さは13.5mm、他は10mmで、おおよそ実物の3t型に相当。
六脚変形型は特徴的な配置の吊り上げ金具がカタログ通りに再現されている。

各形式1つずつなので単一形式で組まれた護岸・消波工を再現するには多額の経費が必要。
砂浜のはぐれブロックや堤防の車止めブロックの再現(六脚変形以外実例を確認)にはいいかもしれない。

MA-107 大
テトラポッド3個のセット。内1個は型枠の状態になっている。
脚の太さや放射角度も破綻が無く、手作りの鋳造故に仕上げの粗さが見えるが大手メーカー品を凌ぐ印象把握。
モデル全高12.5mmは4t型に相当。型枠は2分割型を忠実に再現している。

自家用


この製品の登場によって六脚ブロックのカタログモデル3種が出揃った。
同スケールであるグリーンマックス製六脚ブロックAとKの並び。
K形はバリが多いがAとの違いがしっかり判る。

模型


変形型はAとの噛み合わせもバッチリ。ちなみに変形型の使われ方はこうではないかもしれない。

模型

小は4個、大は3個で各672円と割高ではあるが、ブロック関係者やマニアでないと分からないこだわりはそれだけの価値がある。
しかしそれ以外のユーザーにはそのこだわりが分かってもらえないと思うので非常にもどかしい。


●Core-Loc
海外製建機模型の積み荷として用意されているプラスチック製の模型。1/50と大きめの限定品。
Core-Locは国内では見ないブロックなので親しみにくいかも知れないが、逆にそのような形式を手にすることが出来る貴重な模型でもある。

Core-Locのページ





アクセサリ

●テトラポッド置物/klik design 2006年
自家用

テトラを置物にしたら面白い、と発案者が当時の(株)テトラに企画を持ち込み形になった「テトラ好き向けテトラ」の始祖。
大中小の3種でオフィシャルモデルだけあって形は正確、モルタルで作られ重量感、質感も申し分なし。
パッケージには(株)テトラのロゴも入っている。
大サイズの重さはおよそ1.2kg。


●ツインクルストーン
露店の「宝石すくい」で使われる透明なプラスチック製。正四面体系で脚端部が六角形のエッジが効いたモデルはホールブロックあたりが一番近いか。基本的な色が揃っている。


●キーホルダー/エポック 2009年
ガチャガチャで2009年8月に発売予定だったが残念ながら中止。
グレー、白、黒、ピンク、ブルーの5色で25mm程の本体にボールチェーンが付いた物と、無いものが2つがそれぞれカプセルに入る予定だった。
100円でテトラが手に入る夢は消えた。

他にも金属加工工場やアクセサリー店独自での真鍮削りだしや銀製品のテトラ型アクセサリーをweb上で確認している。


文具

●テトラけしごむ/サンスター 2008年
自家用

文具の世界に現れた眩しい星。126円で買える「テトラ」
10色のラインナップで脚が細めで、中心部に三角形があるのが特徴。
2009年に初代よりも小型の「テトラ消しゴムプチ」8色と大型の「テトラ消しゴムジャンボ」6色をリリース。
初代は1/144換算では80t型として使えるため、ストラクチャモデルと共にジオラマ作りに重宝しそうだ。
2010年に入り、店頭では見かけなくなってしまった。

ぬいぐるみ
2009年地下爆発的流行を見せたテトラポッドのぬいぐるみ。
テトラ誕生60周年に被ったのは単なる偶然か。

●テトぐるみ
自家用

市販ぬいぐるみの元祖。全高200mm程。フェルト製で灰/ネズミの2色で新品と経年コンクリートの質感を再現したマニアックな品。形状にも狂いがなく素晴らしい逸品。後の「テトラ型ぬいぐるみ」ブームの切っ掛けになった。


2011年12月にはクリスマスカラーの緑と赤が、2012年2月にはバレンタインカラーのチョコレート色濃淡が限定販売された。


●テトラちゃん/SEGA(プライズ)
白灰/灰/ネズミ/濃鼠の4色で大きさは大小。UFOキャッチャーのプライズとして登場。


●テトクッション
東急ハンズなどで購入可能。大小のサイズで色は灰と濃鼠。大は400mmと巨大、小はテトぐるみと同じくらい。
フェルト製だが、中綿が少なく脚端部が潰れた商品が見られた。


●テトラぐるみ/トコトコ(流通・プライズ)
灰/鼠の2色、大きさは400mm/200mm/100mmの3通り。


●てとてとてとら☆ぬいぐるみ/(プライズ)
白/灰/鼠の3色、250mmほどの大きさ。


●テトラポッド/TAITO(プライズ)
自家用

自家用
鼠1色。大小2サイズ。起毛の生地を使用していてぬいぐるみらしい商品。
(株)不動テトラの承認を受けたオフィシャルの「後発の本物」
しっかり監修されてるのか形状の崩れがほとんど無い。テトぐるみを見慣れた後の大サイズは笑ってしまう程デカイ。


●関西空港2期空港島オリジナル品

テトぐるみよりも前に登場したテトラポッドぬいぐるみで工事関連施設に置かれている。
溝付きテトラがプロトタイプになっている超マニアックな逸品。黒・緑など色は激しい。
脚端部がほぼ半球になっている。
残念ながら市販はされていない模様。



食品
北海道留萌は千成家にテトラポッドの形をした白あんの薄皮饅頭がある。
その名も「テトラポッ

2009年11月現在販売店のサイトは休止中で、販売状況などは不明。


販促用模型
各メーカーから関係各所へ配布される用途の模型。これで形状や積み方を検討する。

自家用

市販をされてはいないが、ネットオークションでも時々出品されているので上手く行けば入手出来るかも知れないオフィシャルで正確な模型。
テトラポッドのゴム製模型(消しゴム?)はイベントで子供向けに配られていることもある。
自家用
2007年7月の(独)港湾空港技術研究所一般公開にて撮影。

他にも鉄製のエックスブロック文鎮や、3連ブロックのストラップ、シーロックB型の鋳物製ペン立て等、部内の記念品も存在するがこちらは把握不能。




黒み
累計
あなたは
個目のブロックです。
岸防研から
沿岸防衛体研究所では当サイトを構成する文章・画像などのバイラルメディア・キュレーションサイト・まとめサイトなど当サイト以外での表示・使用を認めておりません。
Welcome to CDOI. This website is interested in the armorunit blocks of breakwater. Shape and the situation are taken in the photograph and researched.
形式別・レポート分類
ブロック設置状況レポート
青マーカークリックで現れる画像下のURLクリックで個別ページに飛びます。 黄色マーカーは準備中です。

より大きな地図で 岸防研レポートインデックス を表示
最新記事
メイル
返信はGmailのアドレスからとなります。

お名前:
メイルアドレス:
件名:
本文:

旧アドレスで2011年9月頃から2013年6月までメール受信できない状態になっていたと思われます。御連絡頂いた方に深くお詫び申し上げます。 何かの折に再度ご連絡頂ければ幸いです。
プロフィール

岸防研

Author:岸防研
□本拠地:東京

1974年 電人ザボーガーで転がるテトラポッドに衝撃。生涯で初めて意識した消波ブロックは特撮だった。

1993年 北海道旅行巨大な消波ブロックに胸騒ぎ。ビデオや銀塩写真で撮ってみる。

1999年12月 インターネット導入。消波ブロックの情報収集開始、初めての検索は「テトラポッド」

2004年8月 コンデジで関東近辺のブロックを撮り始めるが、ブロックをどう撮っていいものかわからない。

2006年8月 消波ブロックマニアサイト開設にむけてデジタル一眼で撮影開始、調査を日本全国に拡大。

2009年4月 沿岸防衛体研究所開設

2015年9月 静岡朝日テレビ「ピエール瀧のしょんないTV・消波ブロック散策ツアー」案内役



技研興業株式会社様ウェブサイトにて、六脚ブロックA型の画像を採用頂きました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。