消波ブロックマニア・沿岸防衛体研究所

消波ブロックの楽しさをあなたに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

□ 東京湾東扇島 三柱、その存在理由

東扇島

バナー

◆調査日 2009.02.09

◆設置種
三柱ブロック2型 2t








大きな地図で見る


東扇島

金網に厳重に囲まれた船着き場。



タンクコンテナを背に姿を現した三柱2型。
黒ペイントに面取りが白く塗られ、形状がよく解る。

東扇島


上の航空写真でもその存在が確認出来る。

東扇島


メリハリのある塗装をされ、三柱は見る角度によって印象が異なることがお判りになったとおもう。
しかし何故ここにあるのだろう。

東扇島


京浜運河側にもモニュメントの如く置かれた5個の三柱があった。
転落防止にしてはスッカスカ、遊具にしては殺風景。なぜここにある。

東扇島


一つだけクリーム色にペイントされている。
船、鳩、工場、そして三柱。三柱だけ存在理由が判らない。

東扇島


「コンダラ」ことローラーも何故ここにある。

東扇島


対岸は屑鉄ヤード。

東扇島


ここで何をしている。

東扇島


「太」

東扇島


三柱。

東扇島

東扇島


なぜここにいる。




岸壁に見えたのは北海道を走っていたディーゼル特急車両と上野~札幌を結んだ寝台特急「北斗星」の客車。

東扇島

ミャンマーへ輸出されるらしい。

対岸へ渡ると、ガードレール代わりに置かれている。
きちんと存在意義がある。

東扇島


三柱の向こうに北斗星のディーゼル機関車と客車が輸出の時を待っていた
東扇島
2010.05.01撮影

黒み
累計
あなたは
個目のブロックです。
岸防研から
沿岸防衛体研究所では当サイトを構成する文章・画像などのバイラルメディア・キュレーションサイト・まとめサイトなど当サイト以外での表示・使用を認めておりません。
Welcome to CDOI. This website is interested in the armorunit blocks of breakwater. Shape and the situation are taken in the photograph and researched.
形式別・レポート分類
ブロック設置状況レポート
青マーカークリックで現れる画像下のURLクリックで個別ページに飛びます。 黄色マーカーは準備中です。

より大きな地図で 岸防研レポートインデックス を表示
最新記事
メイル
返信はGmailのアドレスからとなります。

お名前:
メイルアドレス:
件名:
本文:

旧アドレスで2011年9月頃から2013年6月までメール受信できない状態になっていたと思われます。御連絡頂いた方に深くお詫び申し上げます。 何かの折に再度ご連絡頂ければ幸いです。
プロフィール

岸防研

Author:岸防研
□本拠地:東京

1974年 電人ザボーガーで転がるテトラポッドに衝撃。生涯で初めて意識した消波ブロックは特撮だった。

1993年 北海道旅行巨大な消波ブロックに胸騒ぎ。ビデオや銀塩写真で撮ってみる。

1999年12月 インターネット導入。消波ブロックの情報収集開始、初めての検索は「テトラポッド」

2004年8月 コンデジで関東近辺のブロックを撮り始めるが、ブロックをどう撮っていいものかわからない。

2006年8月 消波ブロックマニアサイト開設にむけてデジタル一眼で撮影開始、調査を日本全国に拡大。

2009年4月 沿岸防衛体研究所開設

2015年9月 静岡朝日テレビ「ピエール瀧のしょんないTV・消波ブロック散策ツアー」案内役



技研興業株式会社様ウェブサイトにて、六脚ブロックA型の画像を採用頂きました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。