消波ブロックマニア・沿岸防衛体研究所

消波ブロックの楽しさをあなたに

□ 鹿島灘深芝 テトラネオ、出動準備完了

テトラネオ

バナー


◆調査日 2010.07.18

◆設置種
テトラネオ
テトラポッド

大きな地図で見る

2010年に登場した不動テトラの新型異形ブロック「テトラネオ」の初投入箇所は立入禁止の防波堤。
なんとしても投入される前に記録しておきたいと強く思い、製作ヤードでの撮影をするために消波ブロックを造り搬出できる条件を備えた場所に目星を付け出掛けた。

バス停から歩いて1時間半、目指す港が近くなってきた。工場群が切れ、視界が開けた向こうに見えたものは…



テトラネオ

あれは間違いなくテトラネオ!


ヤードに並んだ出来たてのテトラネオ。梅雨明けの青空にその白さが眩しい。
ステンシルで打たれた連番は42が一番大きい。少なくとも42個製造されたことになる。

テトラネオ


実物の写真が公開されておらず(2010.07現在)CGや三面図でしかその形状を確認出来なかった新形式。


それが今、目の前にある。


いつもは一部の寸法を測って確認する重量は、嬉しいことに50tと表記。波が強い鹿島灘、納得の大きさだ。
「H21」とあるのは工事が計画されたのが21年度中だったからと思われる。

テトラネオ


じっくりディテールをみていこう。
従来のシンプルな消波ブロックのイメージを破る複雑な形状。

テトラネオ


先に登場したドロス2と同様にクレーンのワイヤを掛ける溝がある。
多くは投入してしまえば無用となるが、わざわざ設計してあるのはそれほど作業効率が変わってくるのだろう。

テトラネオ


大きな突起で浮いているのが解る。

テトラネオ

テトラネオ


消波ブロックとは思えない意匠。

テトラネオ


脚端部を横から見るとサンゴやクラゲのポリプに見える。
海で使うモノだけになかなか良いのではないか。

テトラネオ


そしてその一つをクローズアップしてみると、動物の頭にも見える。

テトラネオ


後ろのクレーンまで口を開けた何かに見えてきた。

テトラネオ


若番を発見。もしかしたら「1」がまだあるのでは?

テトラネオ

群の裏へ回ってみた。


あった! 栄えあるテトラネオ1号

テトラネオ

量産第一号である確証はないが、「新型」「初投入」「通し番号1」こんなにめでたい個体には簡単に出会えない。

ナンバリングが群の内側を向いているので全体を捉えるのが難しい…「2」との並びで。

テトラネオ


1番の全体図。海中に没してしえば二度と見ることは出来ないだろう。

テトラネオ


投入を待つテトラネオの後ろにテトラポッドがあった。

テトラネオ


引き揚げもので摩耗は激しくはないがくたびれている。

テトラネオ

スプレーで書かれた「4」が悲しい。

テトラネオとほぼ同数あるか。

テトラネオ


重量も同じ50t型、フジツボにまみれ異臭を放ち脚がもげた姿が痛々しい。

テトラネオ


テトラネオに役目を譲ったのだろうか。消波ブロックの新旧交代劇?

テトラネオ

現場では型枠が確認出来なかった。42個で終了ということは無いと思うが…
これから増えて行くであろうテトラネオの活躍を期待したい。

テトラネオ


※テトラポッドは新規ケーソン設置のために撤去、テトラネオは調査後の7/31に工事箇所へ設置されました。
その状況がグーグルアースで確認できます。

テトラネオ設置

黒み
累計
あなたは
個目のブロックです。
岸防研から
沿岸防衛体研究所では当サイトを構成する文章・画像などのバイラルメディア・キュレーションサイト・まとめサイトなど当サイト以外での表示・使用を認めておりません。
Welcome to CDOI. This website is interested in the armorunit blocks of breakwater. Shape and the situation are taken in the photograph and researched.
形式別・レポート分類
ブロック設置状況レポート
青マーカークリックで現れる画像下のURLクリックで個別ページに飛びます。 黄色マーカーは準備中です。

より大きな地図で 岸防研レポートインデックス を表示
最新記事
メイル
返信はGmailのアドレスからとなります。

お名前:
メイルアドレス:
件名:
本文:

旧アドレスで2011年9月頃から2013年6月までメール受信できない状態になっていたと思われます。御連絡頂いた方に深くお詫び申し上げます。 何かの折に再度ご連絡頂ければ幸いです。
プロフィール

岸防研

Author:岸防研
□本拠地:東京

1974年 電人ザボーガーで転がるテトラポッドに衝撃。生涯で初めて意識した消波ブロックは特撮だった。

1993年 北海道旅行巨大な消波ブロックに胸騒ぎ。ビデオや銀塩写真で撮ってみる。

1999年12月 インターネット導入。消波ブロックの情報収集開始、初めての検索は「テトラポッド」

2004年8月 コンデジで関東近辺のブロックを撮り始めるが、ブロックをどう撮っていいものかわからない。

2006年8月 消波ブロックマニアサイト開設にむけてデジタル一眼で撮影開始、調査を日本全国に拡大。

2009年4月 沿岸防衛体研究所開設

2015年9月 静岡朝日テレビ「ピエール瀧のしょんないTV・消波ブロック散策ツアー」案内役



技研興業株式会社様ウェブサイトにて、六脚ブロックA型の画像を採用頂きました。