消波ブロックマニア・沿岸防衛体研究所

消波ブロックの楽しさをあなたに

□ 大阪湾苅藻島 新種ブロック発見

苅藻島

バナー

◆調査日 2010.12.25

◆設置種
中空三角ブロック
六脚ブロックK形
三柱ブロック
テトラポッド
形式不明
人と自然の博物館を調査するに当たり大阪湾のブロック設置状況をグーグルアースで見ていたところ、湾内の島に見慣れないブロックがあるのを発見した。

西側の防波堤100mの区間の六脚Kや中三、テトラが混載された中に混じった見たことがない截頭円錐の脚が十字に延びたその姿…
ただ、気がかりなのが堤体の高さである。

上の画像では右のクレーン車と同じくらいか高いことが判る。
且つ地図上で堤体沿いは私有地になっており、容易には近付けない様子…

でもそこに未確認ブロックがある限り行くしかない。

小雪舞う中たどり着いた苅藻島。
まず向かったのは目指すブロックがある区画。

苅藻島

クレーン車の向こう側にあのブロックがある。しかし立入禁止の私有地。

島内の道を歩き、堤防に近付ける道を探すもどこも私有地。
唯一近付けたのがここ。

苅藻島

堤体の高さは5m位あろうか。とても登れる高さではない。


苅藻島、手強い…


実見はあきらめ、対岸からの撮影にかけてみる。
対岸の防波堤は低く、苅藻島のブロックが見えた。

苅藻島

整積みされた三柱の左隣があのブロックがある場所である。

しかし、奥に進むにつれ段々と堤体は高くなり結局は苅藻島と同じ高さになってしまった。
もはやこれまでか…

とりあえず一番奥まで行ってみることにした。

すると、そこにはステップが!

苅藻島

すぐさまステップを登りブロックを確認する。

苅藻

あった!
しかしブロックまでの距離は約200m。肉眼で細部を確認することは不可能。

とにかく望遠である程度の枚数を撮ってカメラのモニタで見るが、やはり4本脚が目立つということしか判らない。
帰ってPCの画面で見るまでは何ともいえないモヤモヤした状況になった。


○そして確認○

まず苅藻島のブロック設置状況。

◆六脚K型

苅藻島

この奥に中空三角が整積みされている。


◆三柱2型

苅藻島


◆テトラポッド

苅藻島

いずれも10t前後のようである。

件のブロックは4本脚の股に特徴的は造形が見られる。
一緒にあるのは中空三角の初期型。

苅藻島

苅藻島

蛎殻と思われるものも付着しており、移転してきたと思われる。
4本脚の裏側に変な角度でもう一本脚が出ていないか?



ペンターというブロックがある。
ペンター

截頭円錐の脚を6本持つブロック。
図のような簡単なイラストしか資料がなく、メーカー・諸元や細部の特徴は全く不明。

苅藻島のブロックはこれに似ている。
3本脚の対称型だとすればペンターではないだろうか。

実物が目の前にありながら個体毎の観察が出来ない歯がゆさ。

尚、西へ2km離れた外浜町の護岸にもテトラや中三に混じって同形式が確認できるが、こちらも堤体が高い。
引き続き調査を続けたい。


★20131010追記

その後の調査で謎のブロックはペンターと判明。
もう一つ過去のブロックが隠れているのを発見した。

苅藻島

この画像は六脚ブロックK型を写したものだが、上部の新しい物と下部の経年した物とでは面取りが違うことに気づいた。

苅藻島は昭和40年代初頭に高潮対策事業がすすめられ、ペンターをはじめ様々なブロックが投入された。
六脚ブロックK型の前身、カトロピーは当地でデビューした記録があるので経年個体はカトロピーとみて間違いないだろう。

黒み

累計
あなたは
個目のブロックです。
岸防研から
沿岸防衛体研究所では当サイトを構成する文章・画像などのバイラルメディア・キュレーションサイト・まとめサイトなど当サイト以外での表示・使用を認めておりません。
Welcome to CDOI. This website is interested in the armorunit blocks of breakwater. Shape and the situation are taken in the photograph and researched.
形式別・レポート分類
ブロック設置状況レポート
青マーカークリックで現れる画像下のURLクリックで個別ページに飛びます。 黄色マーカーは準備中です。

より大きな地図で 岸防研レポートインデックス を表示
最新記事
メイル
返信はGmailのアドレスからとなります。

お名前:
メイルアドレス:
件名:
本文:

旧アドレスで2011年9月頃から2013年6月までメール受信できない状態になっていたと思われます。御連絡頂いた方に深くお詫び申し上げます。 何かの折に再度ご連絡頂ければ幸いです。
プロフィール

岸防研

Author:岸防研
□本拠地:東京

1974年 電人ザボーガーで転がるテトラポッドに衝撃。生涯で初めて意識した消波ブロックは特撮だった。

1993年 北海道旅行巨大な消波ブロックに胸騒ぎ。ビデオや銀塩写真で撮ってみる。

1999年12月 インターネット導入。消波ブロックの情報収集開始、初めての検索は「テトラポッド」

2004年8月 コンデジで関東近辺のブロックを撮り始めるが、ブロックをどう撮っていいものかわからない。

2006年8月 消波ブロックマニアサイト開設にむけてデジタル一眼で撮影開始、調査を日本全国に拡大。

2009年4月 沿岸防衛体研究所開設

2015年9月 静岡朝日テレビ「ピエール瀧のしょんないTV・消波ブロック散策ツアー」案内役



技研興業株式会社様ウェブサイトにて、六脚ブロックA型の画像を採用頂きました。