消波ブロックマニア・沿岸防衛体研究所

消波ブロックの楽しさをあなたに

□ 富山湾生地 有脚式突堤を見に行く

生地

◆調査日 2009.04.09

◆設置種
ジュゴンブロック
3連ブロック
三基ブロックB型
六脚ブロックA型
テトラポッド
三柱ブロック1型
ロウタスユニ
ストーンブロック

2009年4月12日初出
2015年3月18日再構成
富山湾と日本海の境界でもあるこの海岸は、急に深くなっていたり「鼻」と呼ばれる突出した地形が波の当たりを複雑にし、従来のケーソンによる防波堤では侵蝕を早めたり波を防ぎきれなかったり、ブロックは改訂の勾配が急なため安定しないという問題があった。

そこで消波能力を保持しつつ、砂を運ぶ海水が透過出来る機能を設けたのがVHS式消波工。
海底深くまで鋼管杭を打ち込み、平たく隙間が出来るブロックを重ねて施工しているので、ケーソン堤体の様に傾いたり、消波ブロックが波で転がり落ちることもない、メンテナンスフリーの防波堤が誕生した。

生地


正式名称「透過型水平板付スリットケーソン型構造物」
VHSとはValuable and Happy Seasの略。

Happy( ゚∀゚)!

冗談の様だが、VHS型の前壁に斜面を付け改良したS-VHSという工法もある。
もちろん高画質なVHSテープではない。
もしかして「S-」は「Shamen(斜面)」の「S」なのか…

説明の掲示板も設置されている。
生地

まだ施工途中かと勘違いしてしまいそうな意匠。
緩傾斜護岸からフェードインし、緩やかに曲線を描く現代芸術の様な設計は
見る者の心を捕らえて離さない。

生地

南側の突堤(2004年度に竣工、後の3号堤)


生地

北側の突堤(2002年度竣工、1号堤)の根元には3連ブロックと三基ブロックB型が積まれていた。


生地

緩傾斜護岸の不自然な四角い塊。
こんな置き忘れのような突起でも減勢工として機能。

生地

それはどんどん高くなり

鋼管杭減勢工へ続く。

生地

竣工後に設置されたと思われる足元のホロースケヤーはかなりの年季物。


先端のブロック。
生地

生地

生地


波と玉石に磨かれた階段。

生地

生地


突堤よりも以前から有ると思われるロウタスユニ

生地

生地

生地

生地


ホロスケも古くから居ると思われ、丸くなったその姿はさながらクマムシ。

生地

生地

生地

生地

生地

階段部に置かれた3連ブロックと三基ブロックB型

有脚式突堤の周りにある仮置きっぽい数々のブロックは、調査の前年に高波で周辺が破堤など被害を被っており、その応急処置と思われる。


生地

生地

生地

生地

生地


六脚ブロックA型

生地

生地


テトラポッド

生地

生地

生地


突堤の南側には水制工らしき大型ブロックのコロニー。

生地


そこにある巨大なロウタスユニ。

生地

生地

生地


ストーンブロック

生地


では北側へ行ってみよう。

生地

生地

突堤北側は普通の護岸になっていてジュゴンが群れる。

生地

ほぼ新品の曲面は滑り落ちそうで恐い。あの白い粉がくせものだ。


生地

ジュゴンから三柱1型への境には六脚Aがおじゃま。ブロックを補充する場合は元から有る形式に関わらず違うブロックで行われてしまうことが多いが、ジュゴンも三柱もそれぞれ新品が積まれている。

生地
黒み
累計
あなたは
個目のブロックです。
岸防研から
沿岸防衛体研究所では当サイトを構成する文章・画像などのバイラルメディア・キュレーションサイト・まとめサイトなど当サイト以外での表示・使用を認めておりません。
Welcome to CDOI. This website is interested in the armorunit blocks of breakwater. Shape and the situation are taken in the photograph and researched.
形式別・レポート分類
ブロック設置状況レポート
青マーカークリックで現れる画像下のURLクリックで個別ページに飛びます。 黄色マーカーは準備中です。

より大きな地図で 岸防研レポートインデックス を表示
最新記事
メイル
返信はGmailのアドレスからとなります。

お名前:
メイルアドレス:
件名:
本文:

旧アドレスで2011年9月頃から2013年6月までメール受信できない状態になっていたと思われます。御連絡頂いた方に深くお詫び申し上げます。 何かの折に再度ご連絡頂ければ幸いです。
プロフィール

岸防研

Author:岸防研
□本拠地:東京

1974年 電人ザボーガーで転がるテトラポッドに衝撃。生涯で初めて意識した消波ブロックは特撮だった。

1993年 北海道旅行巨大な消波ブロックに胸騒ぎ。ビデオや銀塩写真で撮ってみる。

1999年12月 インターネット導入。消波ブロックの情報収集開始、初めての検索は「テトラポッド」

2004年8月 コンデジで関東近辺のブロックを撮り始めるが、ブロックをどう撮っていいものかわからない。

2006年8月 消波ブロックマニアサイト開設にむけてデジタル一眼で撮影開始、調査を日本全国に拡大。

2009年4月 沿岸防衛体研究所開設

2015年9月 静岡朝日テレビ「ピエール瀧のしょんないTV・消波ブロック散策ツアー」案内役



技研興業株式会社様ウェブサイトにて、六脚ブロックA型の画像を採用頂きました。