消波ブロックマニア・沿岸防衛体研究所

消波ブロックの楽しさをあなたに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クイズ!ブロックブロック

クイズ

塩分石灰分過剰重量系クイズ
私は今、駿河湾の富士海岸に来ています。

駿河湾は日本一水深が深い湾として知られていますね。ユーラシアプレートとフィリピン海プレートがぶつかり合い、海底が急勾配で通年強い風が吹くので大きな波が沿岸に打ち寄せています。

特に駿河湾の北側に位置する富士海岸はその影響が強く、海岸を護るブロックも西側の三保や焼津の海岸よりも一回り大きな60t以上の巨大な物で、一番大きな物は80tのテトラポッドが使われています。

そんな大きなブロックを間近に観ることが出来るので、この海岸は消波ブロックマニアの聖地として賑わっているんですね。

さて、前にブロックが埋もれていますが…六角形で末広がりの形をしています。
形式はなんでしょうか。

shake_lakuna05.jpg

こういうときは周りに設置されているブロックを見れば判りますよ!

設置されているのはシェークブロックと

shake_lakuna06.jpg

ラクナ・4です。

shake_lakuna07.jpg

えーっ!? 両方とも六角形の脚で細部の特徴も見分けが付きません。

ここでクエスチョンです!
この埋もれているブロックはなんでしょうか?

比較

クイズ


クイズ


クイズ

それでは正解です。
このブロックを掘り起こせば簡単なのですが時間が掛かるので寸法を測ってみてみましょう。
2つのうち、寸法が一致した方の形式と言うことになります。

計りやすい脚の六角形の一辺を計ってみます。

比較ラクナ4は…実測580mmほどです。


比較シェークブロックは…実測520mmほどです。

では埋もれているブロックはどうでしょうか。
比較
580mmです!

ということで、正解は




ラクナ・4でした!




では脚の先っぽが似ている2つですが、違いを見てみましょう。
両形式を同一の高さと仮定した図でご覧下さい。

比較

どうでしょうか。
面取りの幅は殆ど同一で、端部を真横から見た脚の広がり角度に微妙な差がある程度です。
脚の先端だけを見て見分けられるようになったら相当な消波ブロックマニアですね!

ではこのブロック達の重さはどれくらいあるのでしょうか。

諸元表ではシェークブロックの端部正六角形一辺の実測値520mmに近いのは512mmで60t型です。
一方、ラクナ4の諸元表は六角形の中心線を通る対角線長さが表記されていますので簡単な計算をします。
正六角形の一辺は中心線を通る対角線の1/2なので実測値を倍にして1160mm。近いのは1180mmで64t型です。

高さはと言うと、シェークブロック60t型の4422mm、ラクナ4の64t型は4493mmとさほど変わらないんですね

ちなみに、ラクナ・4と同じ日建工学の先輩に当たるホールブロックは凹みと穴以外は全く同じ形なんです。
脚の先端だけで見分けるのは難しそうですよ!

それでは クイズ!ブロックブロック 次回もお楽しみに!
黒み
累計
あなたは
個目のブロックです。
岸防研から
沿岸防衛体研究所では当サイトを構成する文章・画像などのバイラルメディア・キュレーションサイト・まとめサイトなど当サイト以外での表示・使用を認めておりません。
Welcome to CDOI. This website is interested in the armorunit blocks of breakwater. Shape and the situation are taken in the photograph and researched.
形式別・レポート分類
ブロック設置状況レポート
青マーカークリックで現れる画像下のURLクリックで個別ページに飛びます。 黄色マーカーは準備中です。

より大きな地図で 岸防研レポートインデックス を表示
最新記事
メイル
返信はGmailのアドレスからとなります。

お名前:
メイルアドレス:
件名:
本文:

旧アドレスで2011年9月頃から2013年6月までメール受信できない状態になっていたと思われます。御連絡頂いた方に深くお詫び申し上げます。 何かの折に再度ご連絡頂ければ幸いです。
プロフィール

岸防研

Author:岸防研
□本拠地:東京

1974年 電人ザボーガーで転がるテトラポッドに衝撃。生涯で初めて意識した消波ブロックは特撮だった。

1993年 北海道旅行巨大な消波ブロックに胸騒ぎ。ビデオや銀塩写真で撮ってみる。

1999年12月 インターネット導入。消波ブロックの情報収集開始、初めての検索は「テトラポッド」

2004年8月 コンデジで関東近辺のブロックを撮り始めるが、ブロックをどう撮っていいものかわからない。

2006年8月 消波ブロックマニアサイト開設にむけてデジタル一眼で撮影開始、調査を日本全国に拡大。

2009年4月 沿岸防衛体研究所開設

2015年9月 静岡朝日テレビ「ピエール瀧のしょんないTV・消波ブロック散策ツアー」案内役



技研興業株式会社様ウェブサイトにて、六脚ブロックA型の画像を採用頂きました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。