消波ブロックマニア・沿岸防衛体研究所

消波ブロックの楽しさをあなたに

□ 新潟県糸魚川 トンネルとブロックの距離

久比岐
調査日 2016.08.08

久比岐

国鉄北陸本線の旧線跡を利用した、谷浜駅付近〜梅屋敷駅付近まで延長32kmの自転車歩行者専用道路。
日本海沿いを通っているので消波ブロック見放題なんじゃないか。

そしてこの道の面白いのは列車が通過していたトンネルが使われているところだ。

久比岐
左端が現在地で右へ向かう。赤字はトンネルの位置と名前。

久比岐
まだここは旧線路ではない。
ここから4km程8号線を海岸沿いに走っていく。

久比岐

早速3連ブロックの離岸堤。遠いのは仕方ない。
久比岐

谷浜駅を過ぎたところで8号線をアンダーパス。
久比岐

そして最初の長浜トンネル
久比岐

有間川漁港
久比岐
離岸堤にテトラポッド据え付け中

前にここを調査したのだが、画像データが行方不明になってしまった。
撮り直す程ではないかなー(´Д`)

久比岐

一部再利用。
しかも吊り筋がある…年の差はどれほどか。
久比岐


青木坂トンネル
久比岐

抜けるとすぐに次のトンネルが現れる。

乳母岳トンネル
久比岐

昨日は入り口から白い冷気が漏れているほどだった。

鳥ヶ首岬付近

久比岐

8号線の向こうにシェークブロックの白い列
久比岐

しかも溝付!
久比岐

溝付ブロックは海藻や貝などの着生を狙っているのでだいたい水没する位置にありあまり見られない。
久比岐

久比岐

自転車が車を気にせず走れるロックシェードは滅多にないのでトンネルよりも萌え要素がある。

久比岐

内側は補強されていて妙に新しい。既設部分と補強部分のツライチ具合が素晴らしい。
他のトンネルも同様に補強されていて断面が小さくなっている。

明かり採り越しのブロックと海。いいねー
久比岐

ここを蒸気機関車に牽かれた列車が走っていたのだな。
久比岐

鳥ヶ首トンネル
久比岐

振り返ると…
久比岐

おや? シェークの間になんかいるぞ。

アウトラインはエックスブロックぽい? にしてはフラットだが…
久比岐

昨日の名立谷浜SAはこの丁字路から坂を登ったところにある。
久比岐
起点から10km程

やっと近くに来た3連、テトラ。
久比岐

中三は離岸堤。
久比岐

シーロックB…君はいつも手の届かない所にいるね…
久比岐


久比岐

久比岐

小綺麗なトンネルポータルの大抜トンネル。
久比岐

橋の向こうに日本海、テトラと3連。
レンガ積みの物体は旧北陸本線の橋台。
久比岐

よく見かけるタイプの積みブロックが。
久比岐

裏側。意外とゴツイ。
久比岐

筒石手前の8号線と海岸の間には木造の小屋が建ち並んでいた。
久比岐

後で判ったのだが、これは廃舟屋だそうだ。
久比岐
知っていたら観に行ったのに…

ジュゴンか
久比岐


筒石漁港のテトラ
久比岐

久比岐

コーケンの4単位
久比岐


ラクナIV
久比岐

百川トンネルは道床も上げられているようで、非常に低く感じる。
向かって左が自動車の道。
久比岐

能生漁港近くの道の駅マリンドリーム能生にある越山丸。
久比岐

地元水産高校の実習船で今は資料館になっている。

久比岐

コンクリートの海に浮かぶ船
久比岐
本物の海とコンクリの海が同じ青に写った奇跡。

久比岐

小泊トンネルは明かり採りがある。

久比岐
これもなかなかの萌え要素。

最後の白山トンネル
久比岐

能生川を越えた先の法面はえらくゴツイものが張り付いていた。
グラウンドアンカーというものらしい。
久比岐

コンクリートの経年具合が違うので、この十字は後に追加された物だろう。
久比岐

そろそろ終点が見えてきた。
久比岐

浦本あたりの中三、ジュゴン
久比岐
8号線よりも海沿いを走るのでブロックを近くに見られる。

浦本漁港のネプトン
久比岐

久比岐

久比岐


映像でダイジェスト

※車載は2倍速

というわけで終点
久比岐

終点はテラスCが。
久比岐

撮影しながらで2時間半ほどのサイクリングだった。
海岸よりも一歩内陸を通る道なのでブロックに触れる機会は殆ど無かった。
しかし鉄道遺構を通りながら見る日本海のブロックはいいものだ。

ここから先は8号線で西へ向かう。

久比岐

海川という冗談みたいな名前の川の河口にはトラスフット

久比岐


さて、この先は難所として名高い親不知。
自転車も通れないことはないが、大型車がブッ飛ばすロックシェードや橋が続く道は危険。
久比岐

旧北陸本線のえちめき線の輪行で難所を越える。
久比岐

黒み
累計
あなたは
個目のブロックです。
岸防研から
沿岸防衛体研究所では当サイトを構成する文章・画像などのバイラルメディア・キュレーションサイト・まとめサイトなど当サイト以外での表示・使用を認めておりません。
Welcome to CDOI. This website is interested in the armorunit blocks of breakwater. Shape and the situation are taken in the photograph and researched.
形式別・レポート分類
ブロック設置状況レポート
青マーカークリックで現れる画像下のURLクリックで個別ページに飛びます。 黄色マーカーは準備中です。

より大きな地図で 岸防研レポートインデックス を表示
最新記事
メイル
返信はGmailのアドレスからとなります。

お名前:
メイルアドレス:
件名:
本文:

旧アドレスで2011年9月頃から2013年6月までメール受信できない状態になっていたと思われます。御連絡頂いた方に深くお詫び申し上げます。 何かの折に再度ご連絡頂ければ幸いです。
プロフィール

岸防研

Author:岸防研
□本拠地:東京

1974年 電人ザボーガーで転がるテトラポッドに衝撃。生涯で初めて意識した消波ブロックは特撮だった。

1993年 北海道旅行巨大な消波ブロックに胸騒ぎ。ビデオや銀塩写真で撮ってみる。

1999年12月 インターネット導入。消波ブロックの情報収集開始、初めての検索は「テトラポッド」

2004年8月 コンデジで関東近辺のブロックを撮り始めるが、ブロックをどう撮っていいものかわからない。

2006年8月 消波ブロックマニアサイト開設にむけてデジタル一眼で撮影開始、調査を日本全国に拡大。

2009年4月 沿岸防衛体研究所開設

2015年9月 静岡朝日テレビ「ピエール瀧のしょんないTV・消波ブロック散策ツアー」案内役



技研興業株式会社様ウェブサイトにて、六脚ブロックA型の画像を採用頂きました。