消波ブロックマニア・沿岸防衛体研究所

消波ブロックの楽しさをあなたに

□ 富山湾魚津 オトナの臨海学校

魚津
◆調査日 2016.08.09

◆設置種
テトラポッド
ホロースケヤー角孔

六脚ブロックA型
三基ブロックC型

スタビック
ストーンブロック
カメレオン
ビーハイブ
三柱ブロック2型
ダブルブイ
サーフブロック
三柱ブロック1型

ジュゴンブロック
ロウタスユニ
コーケンブロック3単位


おはようございます。
今日はここ魚津漁港から東へ、黒部川を目指してブロックを観ながら走ります
魚津
いい天気ですよー(・∀・)


北側はもう曇ってるけどな。
魚津
魚津名物の蜃気楼は11月から3月と4月5月が見えるらしい。

カモメってぜったい悪い奴だろ。
魚津

全身に矢を喰らった武者のような船はサンマ漁船。
魚津
6月に竣工したばかりの第八珠の浦(すのうら)丸。「たまのうら」ではない。
刺さっているのは集魚灯だろう。

ちょっと走ったところで怪しげな極小コロニーを発見。
魚津

え?なにこれ初見?
魚津

あ…
魚津

割れたホロースケヤー(角スケ)か…
魚津

では富山湾を左に見ながら進もう。
魚津

魚津


経田(きょうでん)漁港に着いた。
魚津

曲がった防波堤はそれだけで楽しい。
それを護るのは三基ブロックC型。
魚津

魚津

緑化進行中。
魚津

三基越しに六脚ブロックA 型の長大な離岸堤を見る。
魚津

近くで見られる離岸堤。ここでこそA変形を使って欲しい。
魚津

陽が出てきた。
魚津

三基Cの脚交差部。
四角と三角で面取りの大きさが違うのが判る。
魚津

魚津

魚津

白灯台を護るのはテトラポッド
魚津

1分で曇った。
魚津

魚津


走ってきた海岸の道はこういう名称だったのか。
魚津



はーいオトナの臨海学校始めますよー


●立野根固消波工工事とは?

魚津

本立野地先では緩傾斜堤などで海岸保全(侵食対策)を実施してきましたが、近年侵食がすすんでいます。
この緩傾斜堤に、継ぎ足す形で緩傾斜堤部・根固消波工部を施工します。これによって基礎部の洗掘を防ぐと同時に消波工部ができることにより波が砕け海岸堤防に打ち上げられる高波を低減することが出来ます。



●下新川海岸を侵食から守ってます

魚津

下新川海岸(黒部市・入善町・朝日町の一部の海岸)では日本海を北上した低気圧により発生する富山湾特有の「寄り回り波」と継続時間の長い日本海特有の冬期季節風による波浪が、海岸侵食(海岸線の後退)や越波(波が堤防をこえること)を引き起こしてきました。
古老の言や古文書等によれば下新川海岸の海岸線はなんと500m〜600mも後退しているといわれています。
このため国土交通省 黒部河川事務所では下新川海岸において黒部市、入善町、朝日町の西部を直轄海岸保全区域(17.225km)とし、これまでの海岸の侵食を防ぐ対策として「離岸堤」や「人工リーフ」、「緩傾斜堤」、「養浜」、「根固消波工」、「新型離岸堤」、「新型突堤」などを箇所毎に使い分け施工しています。


こういう掲示物は大事だが、一般市民に「離岸堤」や「緩傾斜堤」って伝わりにくいかも?
マニアには語感がビシビシ来るので嬉しいのだが。


実際に見てみよう。

左側に緩傾斜堤がある。
魚津

魚津
承知致しました。

先の説明に照らし合わせると
魚津

◎手前のスロープ部が海岸を波の侵食から護り且つ海水へのアクセスが簡単な緩傾斜護岸
◎その前にある水面ギリギリに並んだスタビックが緩傾斜堤を洗掘(波が地盤をさらう)から護り且つ波を弱める根固消波工
◎積まれた大きめのスタビックが海岸と平行の流れを制御する突堤

…改めてブロックが何のために積まれているのかを確認してみるとよりブロックを楽しめる。


平型にして威圧感を感じ始めるいい大きさだ。
魚津

小スタビックの水面から出た脚の並び方はもしかしたら
魚津

そうだ、組列工法。楔形の脚を噛み合わせてより安定できるのはスタビックの特長。
魚津

こっちの方が判りやすい。半形の姿も確認出来る。
魚津
スタビックの△マークはこの並べ方の為にある。

スタビックからストーンブロックへ。
魚津

魚津

農水省の所轄海岸に入る。
魚津

海岸の管理は概ねこんなふうになってるらしい。

◎農林水産省
農村振興局…農地海岸土地改良事業で完成、管理している海岸。施設又は施設計画がある海岸。
水産庁…漁港海岸(漁港区域内の海岸)

◎国土交通省
港湾局…港湾海岸(港湾区域、港湾隣接地域、公告水域内の海岸)

この先漁港があるので水産庁管轄なのだろう。

「区域」とか「公告水域」の意味も調べてみたが…





そういうものがあるんだな( ^ω^ )くらいに思っておくことにした。


黒部漁港の入り口。漁港は内陸部にある。
魚津

初見ブロックか?
魚津

いや、でかいカメレオンらしい。
魚津

ビーハイブ、サーフブロック、ダブルブイが入り交じる乱積み、正にカオス。
魚津

三柱2型とダブルブイ。それなりに希少種の並び。
魚津

ダブルブイは挑発的セクシーショット。
魚津

魚津


装飾された灯台と真新しい三柱1型
魚津

灯台の装飾はしっかりとタイルで施された恒久的なものだった。
魚津

黄色い鋼製の物体は上から見ると四角の枠。
「乗堤禁止」とあるので浮体式防波堤か?
魚津

このあたりは先にあるVHS離岸堤など新技術が導入されていて楽しい。
魚津


遮断機がある橋が現れた。何?
魚津

旋回運動が容易に想像できる部分…可動橋か!
魚津

先ほどの灯台から漁港までは運河があるので対岸へはこの生地中橋を渡る。
魚津

渡ってみた。
魚津

しっかり噛み合っていて旋回運動を妨げるように見えるが
魚津
一旦持ち上がってから旋回するという。

すげえな、おい。

見たいけどしばらく動かないようなので移動。



今年もやってきた生地鼻。4回目?
ここは富山湾と日本海の境界。これより先西側は日本海になる。

先の下新川海岸の解説にあった有脚式突堤である。
魚津

この辺の海底地形は急峻で異型ブロックが置けないため、鋼管杭とコンクリートピースを組み合わせた突堤や離岸堤が活躍している。

曲がっているのがVHS式突堤、真っ直ぐなのがS-VHS式離岸堤と呼ばれる。
因みにValuable and Happy Seasの略である。
S-VHS式は海側が斜面になっている方式なので、多分にslopeの「S」と思われる。


来る度にVHS突堤が増えていったが、前回訪問時には完成していたので特記事項はない。
ジュゴンとの組み合わせも変わりない。
魚津

ジュゴンの向こうにあるのがS-VHS離岸堤。
魚津

魚津

魚津

ジャンボロウタスも変わりない。

魚津

魚津

生地鼻灯台横の空き地では三柱1型が仮置き中。
魚津

魚津

魚津

その先、YKK裏のコーケン3単位がでかいし蛎殻着いてるし、怪しい天候も手伝って不気味。
魚津

ジュゴンの上に載ってるのだな。三柱も見える。
魚津

魚津

魚津

神々しいS-VHS離岸堤
魚津

黒部川河口へ向かう途中、雨が降ってきた。
日焼けの腕にバチバチ当たって大層痛い(´Д`)
魚津

到着。これから黒部川を上る。
魚津

あれは大口を正面に向けたアングロックだな。
魚津

シーロックB…君はいつも手の届かない所にいるね。
魚津
黒み
累計
あなたは
個目のブロックです。
岸防研から
沿岸防衛体研究所では当サイトを構成する文章・画像などのバイラルメディア・キュレーションサイト・まとめサイトなど当サイト以外での表示・使用を認めておりません。
Welcome to CDOI. This website is interested in the armorunit blocks of breakwater. Shape and the situation are taken in the photograph and researched.
形式別・レポート分類
ブロック設置状況レポート
青マーカークリックで現れる画像下のURLクリックで個別ページに飛びます。 黄色マーカーは準備中です。

より大きな地図で 岸防研レポートインデックス を表示
最新記事
メイル
返信はGmailのアドレスからとなります。

お名前:
メイルアドレス:
件名:
本文:

旧アドレスで2011年9月頃から2013年6月までメール受信できない状態になっていたと思われます。御連絡頂いた方に深くお詫び申し上げます。 何かの折に再度ご連絡頂ければ幸いです。
プロフィール

岸防研

Author:岸防研
□本拠地:東京

1974年 電人ザボーガーで転がるテトラポッドに衝撃。生涯で初めて意識した消波ブロックは特撮だった。

1993年 北海道旅行巨大な消波ブロックに胸騒ぎ。ビデオや銀塩写真で撮ってみる。

1999年12月 インターネット導入。消波ブロックの情報収集開始、初めての検索は「テトラポッド」

2004年8月 コンデジで関東近辺のブロックを撮り始めるが、ブロックをどう撮っていいものかわからない。

2006年8月 消波ブロックマニアサイト開設にむけてデジタル一眼で撮影開始、調査を日本全国に拡大。

2009年4月 沿岸防衛体研究所開設

2015年9月 静岡朝日テレビ「ピエール瀧のしょんないTV・消波ブロック散策ツアー」案内役



技研興業株式会社様ウェブサイトにて、六脚ブロックA型の画像を採用頂きました。