消波ブロックマニア・沿岸防衛体研究所

消波ブロックの楽しさをあなたに

テトラポッド Tetrapod

テトラポッド

(株)不動テトラ
遭遇度数★★★★★

○設定重量:0.5/1/2/3.2/4/5/6.3/8/10/12.5/16/20/25/32/40/50/64/80t

いわずと知れた消波ブロックの代名詞。テトラポッと呼ばれてしまうことが多い。
1949年フランス生まれの元祖消波用異形ブロック。
それまでの捨石や方塊コンクリートより重量が軽く経費削減、噛み合うため波を受けても崩れることが少なく、隙間が多くなり小さい消波工で波を静めることが出来るようになった。

ネールピック社の研究部門ドルフィーネ水理学研究所(現ソグレア)で完成。
世界初のテトラポッドは1950年モロッコ・ロッシュノアール火力発電所の護岸に16t型が使われた。

国内での使用開始の正確な時期と場所は不明。
日本国内での特許申請は1953年(昭和28年)だが、手違いで特許取得が遅れ「テトラポッド風ブロック」が出回った。
山海堂刊「テトラポッドの設計と施工」には国内初の異型ブロックの施工例として1955年(昭和30)宮城県八木漁港・重茂漁港には六角形断面で四本脚の「テトラポッド風ブロック」が使われた記述と写真が掲載されているが、特許申請の2年前、1951年(昭和26)には札幌の(株)協和機械製作所でテトラポッド型枠を造った旨の記述と写真がサイトにあり、見慣れたテトラポッドの型枠と据え付けの様子が掲載されている。

その後、1960年にネールピック社のテトラポッド担当(販売?)であるソトラメール社の働きかけにより、1961年(昭和36)日本テトラポッド(~(株)テトラ 現(株)不動テトラ)が設立され、正式なテトラポッドが国内に拡がっていった。

※現在存在する(株)テトラ及びtetra.co.jpのURLは(株)不動テトラの前身と同一であるが全く無関係。

先端を落とした円錐の4本脚に丸い先端、全体的に曲面で構成された風体にファンも多い。
3本の脚の根元は凹面の三次元曲面になり、5t型あたりは非常に座り心地が良い。


バナー リンク先でテトラポッドを立体的に見ることが出来ます


■諸元外の相違

設計変更などと思われる細部の違いや投入箇所に応じたカスタマイズモデル。基本形状の違いはない。

◆中心Y線

テトラポッド

古い個体に見られる脚の付け根にY字の谷折れ線がくっきりと現れたタイプ。
型枠による違いなので、3次元曲面タイプと両方混在している個体がある。


◆溝付き

海藻の着生を目的としたタイプで、設置場所により溝の数が異なる。

○駿河湾型

テトラポッド


○関西空港型

下3本の脚に4本の溝、上一本は2本溝が3箇所に分散配置になっている。

テトラポッド



1984年に土佐湾に設置されたモデルは、溝ではなく正方形に近い窪みが付けられている。

いずれも下面には溝が無く設置の指向性を持つ形式といえよう。
海面下に投入される為、引き潮か設置前の状態でないとお目にかかれない。


◆鋼鉄製

テトラポッド


沖ノ鳥島の護岸には鋼鉄製のテトラポッドが使用されている。
鋳鉄製で1t規格と同等の形状、重量は4t。大きめの吊り金具を持っている。
画像は茨城県鹿嶋市の公園に展示されている個体。

◆カラーコンクリート

テトラポッド

景観に合わせて微妙な赤茶に色づけされている。

黒み
累計
あなたは
個目のブロックです。
岸防研から
沿岸防衛体研究所では当サイトを構成する文章・画像などのバイラルメディア・キュレーションサイト・まとめサイトなど当サイト以外での表示・使用を認めておりません。
Welcome to CDOI. This website is interested in the armorunit blocks of breakwater. Shape and the situation are taken in the photograph and researched.
形式別・レポート分類
ブロック設置状況レポート
青マーカークリックで現れる画像下のURLクリックで個別ページに飛びます。 黄色マーカーは準備中です。

より大きな地図で 岸防研レポートインデックス を表示
最新記事
メイル
返信はGmailのアドレスからとなります。

お名前:
メイルアドレス:
件名:
本文:

旧アドレスで2011年9月頃から2013年6月までメール受信できない状態になっていたと思われます。御連絡頂いた方に深くお詫び申し上げます。 何かの折に再度ご連絡頂ければ幸いです。
プロフィール

岸防研

Author:岸防研
□本拠地:東京

1974年 電人ザボーガーで転がるテトラポッドに衝撃。生涯で初めて意識した消波ブロックは特撮だった。

1993年 北海道旅行巨大な消波ブロックに胸騒ぎ。ビデオや銀塩写真で撮ってみる。

1999年12月 インターネット導入。消波ブロックの情報収集開始、初めての検索は「テトラポッド」

2004年8月 コンデジで関東近辺のブロックを撮り始めるが、ブロックをどう撮っていいものかわからない。

2006年8月 消波ブロックマニアサイト開設にむけてデジタル一眼で撮影開始、調査を日本全国に拡大。

2009年4月 沿岸防衛体研究所開設

2015年9月 静岡朝日テレビ「ピエール瀧のしょんないTV・消波ブロック散策ツアー」案内役



技研興業株式会社様ウェブサイトにて、六脚ブロックA型の画像を採用頂きました。